うめねこ分析

うめねこが色々な分析を記事にします。

イノベーションを大企業で興すには その3

その1とその2の続きになります。

 

umegae-t.hatenablog.com

 

イノベーションを興すの本には、下記の3つが重要だと述べられており、それらがうめねこの所属する部ではどうなっていてどうすべきかを引き続き考察します。

  1.  筋のいい技術を育てる
  2.  市場への出口を作る
  3.  社会を動かす

2.市場への出口を作るには?

まず注意しないといけないのが、技術がないのに営業活動しまくって需要を見つけ、食いついても少しの間しか稼げません。深い技術がないと持続性はなく、そこから生まれるイノベーションはないことに注意しないといけませんとのことでした。

また、本書ではアンケート調査は役に立たないとありました。抽象的に聞かれても、顧客は具体的な回答を出せません。具体的に試作品を提示されて初めて具体的な回答を発することが出来るのです。確かにスマホがない時代に、携帯電話に関するアンケート調査をしっかりやったとしてもスマホの発明に繋がらなかったと思います。

では市場への出口を作るために何が大事なのかと言いますと、試作プロセスの柔軟性が重要だと述べられておりました。市場の出口を作る作業は、顧客からの学習活動であり、硬直的で長い時間かかるようでは次のオファーに応えられません。試作に高コストかかるようではフィードバックを頻繁に回せないため、市場への出口が狭まってしまうとのことでした。

 

うめねこの部署のケース(市場への出口を作る)

うめねこの部署は、技術はまぁ問題ないとして、市場への出口を作る作業は不足しております。顧客からの学習活動が大事とのことですが、顧客に接する営業担当は研究・開発の部署とはほぼ接することなく活動しているため、顧客からの要望が情報として入ってきません。恐らく部長の耳には入っているのでしょうが、対応は出来ないと軽く流しているのでしょう。

ただこうして欲しいという要望があり、それがうめねこの耳に入ったとしても、うめねこの部署の製品は簡単に仕様変更出来ない製品です。仕様変更するのに部品やら製造装置やらあらゆる面での変更が必要であり、その変更には多くのコストが必要になり、対応は難しい状態です。フィードバックを頻繁に回せるだけのお金と時間がなく、一度仕様を決めたらそれで突き進むしかないような状態です。うめねこの部署の製品は、コストと性能を極限まで追い求めた設計になっているため、仕様変更の余裕度がない状態になってしまっております。基本設計をしたのはうめねこなので、そこはちゃんと反省し、次回は顧客の要望を柔軟に応えられる設計にしたいと思います。

 

3. 社会を動かす

本書には社会を動かすような商品を生み出すためには、技術とコンセプトのバランスが重要であると書かれていました。日本企業は技術に関してははっきりしているものの、商品のコンセプトがはっきりしないから、商品戦略が性能が一番高く、価格が一番安いという安直なコンセプトになり、そして大量投資が出来る中国企業に物量で負けるということになるわけです。

日本は良いコンセプトを考えるのが苦手ですが、一方で良いコンセプトさえ生まれれば技術を育てるのは得意であるため、このコンセプトを練るという作業が非常に重要であると思われます。対しアメリカはこのコンセプトを生むのが得意で、技術を蓄積するのが苦手であるため、ベンチャー企業がバンバン生まれていきますが、出資金だけ集めて消えていってしまいます。

コンセプトを生み出すために、オープン知識ベースを活用するのが有効でありますが、日本はオープン知識ベースの利用が苦手でもあります。だからといって、オープン知識ベースに頼り過ぎるのも良くなく、組織の閉塞感に、自社の蓄積が疎かになってしましますので注意が必要です。

 

うめねこの部署のケース(社会を動かす)

その1でも記載しましたが、とにかく他社よりも性能が良くて安ければ売れるものだと思っており、コンセプトなんぞありません。良いコンセプトを生み出さないまま、技術のみで研究・開発を推し進めてしまっていることが、うめねこの部署の最大の敗因だと思います。うめねこは、最高性能・最安価格という方針を変えるべく、もう一度コンセプトをしっかりと皆で練ることをしたいです。社会を動かす前に、まずは部署の上司を動かすことを考えないといけません。

 

イノベーションを興す

イノベーションを興す

  • 作者:伊丹 敬之
  • 発売日: 2009/12/17
  • メディア: 単行本
 

 

イノベーションを大企業で興すには その2

前回の続きになります。

umegae-t.hatenablog.com

 

イノベーションを興すの本には、下記の3つが重要だと述べられており、それらがうめねこの所属する部ではどうなっていてどうすべきかを引き続き考察します。

  1.  筋のいい技術を育てる
  2.  市場への出口を作る
  3.  社会を動かす
イノベーションを興す

イノベーションを興す

  • 作者:伊丹 敬之
  • 発売日: 2009/12/17
  • メディア: 単行本
 

 

筋のいい技術を育てるためのマネジメント

企業での研究・開発部門での工程管理手法として、

  1. 技術開発のロードマップを作成して
  2. マイルストーンを設定して
  3. それをもとに、各担当者が本年度のスケジュールを設定して管理する

のが一般的ではないでしょうか(それがいいか別にして)。マネージャーは、やることは簡単で各々がスケジュール通り進んでいるのがチェックすればいいわけです。マネジメントって簡単ですね。

ただ、この計画厳守によって新たな発見への追及が出来なくなることによりイノベーションが生まれなくなる懸念があるとこの本で書かれておりました。研究・開発を熱心に取り組んでおり常に考えている人は、思わぬ偶然のきっかけに気づくことがあります。しかし、この工程管理による計画厳守によりイノベーションの種になる偶然を見つけても、追えなくなってしまいます。自己の技術の探究心が思わぬ成果を導き出す可能性があるため、偶然のきっかけを追えるだけの自由度がないといけないと書かれておりました。

マネージャーは、この偶然のきっかけに対しある程度は計画を逸脱して研究・開発させるマネジメントが必要とのことです。どの程度許容するかは、マネージャーの重要な判断ポイントであり、どの偶然のきっかけを追求させるかはマネージャーの筋の良い技術を嗅ぎ分ける力にかかっているわけです。

 

うめねこのマネージャーのケース(筋のいい技術を育てるためのマネジメント)

 うめねこのマネージャーも上記の工程管理手法を用いて管理しております。ただ、うめねこのマネージャーがつくる技術開発のロードマップには、

  2020年度末までに 性能○○%UP コスト○○円DOWN

  2021年度末までに 性能○○%UP コスト○○円DOWN

  2021年度末までに競合相手より高性能低コスト達成見込み!

という数値目標しかなく、具体的な技術的戦略はありません。

マイルストーンに関しても、

  2020年6月末 検討完了

  2020年8月末 検証完了

  2020年10月末 設計完了

  2020年12月末 試作完了

  2021年3月末 実証完了

  2021年4月より販売開始見込み

という感じで具体的なことは部下に丸投げです。そして、各々にスケジュールを作らせそれ通りに進んでいるか管理するだけです。これはうめねこのところだけでしょうか?

そして、イノベーションを興す上で重要な偶然のきっかけを追えるだけの自由度に関しては、ほぼありません。その1でも述べましたが、まずは否定から入る人なので、開発を高い確度で加速できる提案以外はやらせてもらえないです。そもそも、マネージャーが立てたロードマップやマイルストーンが無茶な計画なので、普通にやってても計画通りこなすのは無理なのに計画を逸脱して研究するなんてもっての外です。そのような状態なので、皆探求心を失っておりイノベーションなんて生まれそうもありません。

 

その3に続きます。

 

 

イノベーションを大企業で興すには その1

こんにちは、うめねこです。

 

うめねこは、とある典型的な大企業にて研究・開発をしております。ただ、全然上手くいっておらず、会社の研究費を食いつぶすだけなので所属している部が会社に潰されそうです。

上手くいかない理由として同僚は上司が悪いなどと言っており、うめねこも同意する部分はあるのですが、上司が他の人に代われば上手くいくのかといったら決してそのようなことはないと思います。

ならばどうすべきだったのかということがあやふやになってしまっているので、イノベーションを興すを読んでどうすれば大企業で研究が事業化できるのか、自分が企業の研究部門でマネジメントする立場だったらどうすべきなのかまとめてみようと思いました。

 

イノベーションを興す

イノベーションを興す

  • 作者:伊丹 敬之
  • 発売日: 2009/12/17
  • メディア: 単行本
 

 

イノベーションを興すには

イノベーションを興すの本に書かれている内容として、重要なポイントを抜粋しました。

まずイノベーションとは、技術革新の結果として新しい製品やサービスを作り出すことによって人間の社会生活を大きく改変することであり、決して単なる新技術開発ではないとのことです。そのためには、下記の3つのことが大事であると書かれておりました。

  1.  筋のいい技術を育てる
  2.  市場への出口を作る
  3.  社会を動かす

これら3つの重要要素に関して、うめねこが所属する部はどうなのかについて考察してみようと思います。

 

1.筋のいい技術を育てる

筋の良い技術を嗅ぎ分ける力

イノベーションを興すためには、筋のいい技術を見つけ、その技術に研究・開発を注力していく必要があり、どの技術に注力するかは研究・開発方針に繋がる非常に重要な選択になります。従って、マネージャーは、筋の良い技術を嗅ぎ分ける力が求められます

ではマネージャーはどうやって筋の良い技術を嗅ぎ分けるのかというと、勘に頼るのが実態だと思います。ある技術が今後有望であるか否かは十分時間をかけた原理検証を行っていけばある程度分かることだとは思いますが、それではどうしても時間がかかってしまい、スピードが求められる企業の研究・開発においては好ましくありません。また、その検証内容が妥当かどうか判断するためには、マネージャー自身も一つ一つ詳細を把握できるよう学ぶ必要があり、最低でもその分野の基礎は学ばないといけません。しかしながら、実際はそのような時間はないためマネージャー、特に経営者は詳細を知らない状態でその技術が筋が良いかどうかを判断しなければなりません。従って、技術の選球眼が優れている人がマネージャーもしくは経営者であるかどうかがまず重要なポイントです。

 

うめねこのマネージャーのケース(筋の良い技術を嗅ぎ分ける力)

うめねこのマネージャーはどうかと言いますと、マネージャーの専門分野は所属している部の専門と全く異なるため基礎知識は不足しております。そして、残念ながら筋の良い技術を嗅ぎ分ける力はなく、リスクを取りたがらないため、自分でその技術が良いかどうか判断することは出来ません。何でもかんでも部下に一つ一つ原理検証を細かくさせます。新たなことを提案してもまずは否定から入り、説得するのに非常に骨が折れるタイプです。部の方針をはっきりさせることが出来ないのですが、思い込みが強くマネージャーが一度そう思ったことはなかなか考えを変えない頭の固いタイプです。

従って、筋の良い技術を嗅ぎ分ける力は持ち合わせていないため、部下が良い提案をしてもすぐ潰してしまい、筋のいい技術を育てるどころか、筋のいい技術が生まれることも出来ない状態です。

 

勘に頼る以外の筋の良い技術を嗅ぎ分ける方法

勘に頼る以外に頼るべき情報はないかというと、一般的に引用されるのがその分野のロードマップです。しかし、イノベーションを興すの本にはロードマップはおすすめされておりません。理由としては、ロードマップは権威のある教授陣によって作られるため、研究費を獲得するための魂胆含まれていることから嘘も多いと思われます。うめねこの分野においても、高い目標を掲げただけの内容で具体的な方策は書かれているもののロードマップ通り研究は進んでおらず、これを参照して企業が研究・開発しているのなら大幅な計画倒れになっていることと思われます。学術論文や学会なども研究費を獲得するために、将来的な展望を誇称していることが一般的であることからこれらも参照すべき情報ではありません。

 

では、どこから情報を入手すべきかというとその分野の有識者と対話して聞き出すことが最も有用だと思います。上記で、教授陣が作ったロードマップは参照すべきでないといいましたが、教授や研究者と対話して聞き出すことは有用だと思います。正直ベースでその技術が実用化されるまで何年かかるのかなどをちゃんと聴き込むことが出来れば、非常に有益な情報になります。ロードマップではこう書いてあるけれど、実際はまだ実現は出来ておらず実用化まで程遠い等の話を聞けると思います。

会社であれば、その部のキーマンだと思われる人に聞くことが一番でしょう。そのキーマンが出来ないと言うのであれば、もちろん100%出来ないということではありませんが、実際に取り組む人がそのように考えているその事実を重く受け止める必要があると思います。厄介なのが社内の年配者のエセスペシャリストです。その部のキーマンは自分が取り組む内容になるため、その発言に責任を持ちますが、彼らは自分に責任がない分、適当なことを言う恐れがあります。また、自分が経験していた内容しか知識として持たず、情報が古い可能性がありますので却って悪い情報を入手する恐れがありますので、誰から情報収集するか注意が必要です。

残念ながら、うめねこの上司は社内の年配者のエセスペシャリストの意見は聞き、キーマンの意見は全く耳をかしません。年下の意見なぞ聞くぐらいだったらという気持ちからそういう行動に至るのでしょうか?

 

その2に続きます。

umegae-t.hatenablog.com

 

チョコレートは名糖♪

こんにちは、うめねこです。

 

チョコレートと言えば、皆さんどのメーカーを選ばれるでしょうか?

明治?ロッテ?グリコ?森永?ネスレ?ブルボン?YBC?不二家カバヤ

 

 

いいえ、やっぱり名糖でしょう!

 

いや、名糖なんてメーカーは知らんという人は、アルファベットチョコレートと言えばご存じでしょう。大抵のスーパーに置いてあると思います。

名糖産業 アルファベットチョコレート 50g ×10袋

名糖産業 アルファベットチョコレート 50g ×10袋

  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: 食品&飲料
 

うめねこは、なぜ名糖のチョコレートが好きかと言いますと、昔ながらの粉っぽくてガシガシした食感が好きだからです。お世辞にも舌触りは良いとは言えませんが、ともかく歯触りがいい。チョコレートをかじっていますという感覚がたまらないです。

 

他のメーカーのチョコレートは、どちらかというと舌触りを重視しているような感じで、滑らか。よく言えば上品、悪く言えば軟弱。滑らかなチョコレートの方が大衆受けするのでしょうか?今はアルファベットチョコレートのようなガシガシしたチョコレートはあまりないように思えます。

 

 

そんな昔ながらの名糖も最近、ワンズバーという高級志向のチョコレートを販売しています。 味は、ラム&レーズンカシスオレンジというオシャンティーなチョイス。ワンズバー チョコミントも前に売っていましたが、今は売っていないようですね。ミントの爽快感が濃く、そこそこ好きでした。1箱にたった3本しか入っておりません。アルファベットチョコレートとは大違い。

名糖産業 ワンズバー ラム&レーズン 3本 ×10箱

名糖産業 ワンズバー ラム&レーズン 3本 ×10箱

  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: 食品&飲料
 
名糖産業 ワンズバー カシスオレンジ 3本 ×10箱

名糖産業 ワンズバー カシスオレンジ 3本 ×10箱

  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: 食品&飲料
 

味はというと、ラムやカシスリキュールの豊潤な味と香りを強く感じます。大人のチョコレートというか、お酒が入っているので子供は食べちゃダメですね。大人でもお酒が苦手な方には、おススメは出来ないですね。もっと大衆向けのチョコレートを作れよ、名糖!でも、そんな名糖のチョコレートが大好きだ!

  

 

今週のお題「好きなおやつ」

 

強いポポーの思い出

こんにちは、会社の研修のテストで100点を取って自信を取り戻したうめねこです(非常に簡単なテストでしたが)。

 

子供の頃、祖父・祖母の家に行ったときの思い出で今でもしっかり記憶に残っているのが、祖父・祖母の家に実っていたポポーという果物を食べた思い出です。

 

 ポポーとは?

 ポポーとは、上記の写真の通りマンゴーのような形や色の甘い果物です。ただマンゴーと違い、果実はみずみずしいというよりかはクリーミーで滑らかでカスタードプリンのような味です。

 

ポポーの樹皮や種子、新葉にはアセトゲニンといわれる強い殺虫成分が大量に含まれているようで、害虫に対しとても強く、無農薬で栽培できる果物とのことで戦後に広く普及した果物とのことです。祖父・祖母はすでに亡くなってしまっているため、どういう目的で植えたのかは今となっては分かりませんが、そのブームに乗っかり植えたのでしょう。そうは言っても他の場所であまり見かけないので本当に広く普及したのかと疑います。

 

強いポポーの思い出

なぜポポーのことを鮮明に覚えているかと言いますと、決して特別美味しかったわけではなく(カスタードプリンそのものを食べた方が美味しいし、マンゴーの方が美味しいとうめねこは思います)、ポポーという面白い名前もさることながら、幼いながらすごく珍しい食べ物を食べれたという食への探求心を満たせたから思い出に残っているんだと思います。

 

 世界一のレストランと言われているデンマークnomaのシェフは、日本に訪れた際にサルナシを山で見つけてその味に喜び、日本でお店を開いた際にサルナシをメニューに加えていました。サルナシは、小さいキウイフルーツみたいな感じだそうです。食べたことはありませんが、普通のキウイフルーツの方が美味しいと思います。ゼスプリ・サンゴールドキウイを食べれば間違いないと思います。と思いますが、うめねこはこのnomaのシェフが気に入ったサルナシをめちゃくちゃ食べてみたいです。

時に珍しさは単純なおいしさよりも強く印象に残ります。うめねこは、ポポーという珍しいものを食べたという思いでが強烈に脳に焼き付いています。

 

ふるさと納税ポポーのアイスクリームが食べられますので、食への探求心を満たしたい方は買ってみて下さい。(別に特別美味しいわけではないと思いますので過度な期待はしないように。) 

 

 

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

宮崎の珍味 ねむらせ豆腐

今週のお題「ごはんのお供」

 

最近、高級フレンチよりも居酒屋の料理の方が美味しいのではないかと思っているうめねこです。

 

今回は、宮崎県の方に教えて頂き、珍味好きなうめねこが特に美味しいと思ったねむらせ豆腐(眠らせ豆腐)というものについて紹介します。

 

ねむらせ豆腐とは?

ねむらせ豆腐とは、宮崎県椎葉村で作られている伝統的なスローフードです。

下記の紹介ページを引用しますと、

ねむらせ豆腐とは、椎葉村で作られる手作りの豆腐を水抜きし、昆布とさらしでやさしく包み、自社製造の麦味噌で半年間漬け込みます。そこかから一度取り上げて、また新しい麦味噌で半年間漬け込み、ゆっくり一年眠らせてやっとできあがる、椎葉村の伝統的な保存食です。

味噌のふとんで1年眠った希少な「ねむらせ豆腐」と椎葉のお母さんたちの物語。 – 日本食べる通信リーグ

 

昆布に巻かれた豆腐が味噌に長い間漬けられて、発酵し旨味が凝縮した手間のかかった珍味になります。

 

ねむらせ豆腐の味わい

味の想像がつきにくいかと思いますが、クリームチーズ酒盗和えのようなクリーミーかつ濃厚な味わいです。

うめねこは、このねむらせ豆腐をご飯に酒盗感覚でのせたり、バケット、クラッカーにチーズ感覚でのせて食べました。濃厚かつ塩辛いのでお酒にもちろん合い、ワイン、日本酒、焼酎なんでも合います!和食、洋食両方に使えるのでおすすめです。

 

ねむらせ豆腐はどこで買えるのか?

 ねむらせ豆腐は、宮崎にて買うことが出来ますが、お土産コーナーになかなか置いてあるのを見たことがありません。うめねこは、地元の人に教えてもらい地域の特産を扱っているお店にて購入しておりましたが、この前は空港のお土産コーナーに置いてあるのを偶然見つけて購入することも出来ました。宮崎でもメジャーなものではないようなので、ネット購入するのが確実かもしれません。

ぜひ、試してみて下さい!

 


 

防災カード作成のすすめ

今週のお題「もしもの備え」

 

こんにちは、週末はブライダルフェアに行きまくって疲れているうめねこです。

 

皆様は、「防災カード」というものをご存じでしょうか。このような個人情報の載ったカードを作っておいて携帯しておけば、もしものときに所有者の個人情報や緊急時の連絡先を他人に伝えることが出来るというものです。誰かが「防災カード」を見てくれれば、自分が話せない状態であっても緊急時に必要な個人情報を伝えることが出来ます。

下記に妻が作成してくれたものを載せておりますので、自由に印刷して使って下さい。英語も併記すれば海外旅行時にも活用できると思います。

 

f:id:umegae-t:20200906224254p:plain

 

うめねこは、「防災カード」を作成することを妻に勧められて最近作成しました。Rh血液型の存在を知らず、親に自分が陽性か陰性か確認しました。もしものときに自分がどっちか知らなかったので危なかったです。良かった~。

 

普段「防災カード」は、防災セットの袋に入れております。ちなみに防災セットの中身は、過去の記事の入院時の持ち物リストと同じものです。避難時にも活用できると思いますので、ご興味のある方はこちらもご覧下さい。

umegae-t.hatenablog.com